探偵料金の相場

探偵に依頼する場合、一番気になるのは、費用の面でしょう。
探偵料金の相場は10万円~200万円と広いのですが、これは調査日数や依頼する探偵事務所によって大きく変わります。
通常、1日だけの調査であれば10万ちょっとで済みますが、怪しい探偵事務所なんかは、1日の調査で80万くらい請求したり、数日調査したことにしたりします。
そうならないためにも、面談時に見積もりを出してくれて、管理もしっかりしている大手探偵事務所に依頼することをおすすめします。

良心的な探偵ランキング1位 原一探偵事務所

2015041516125530447

原一は、日本で一番大きな探偵事務所でテレビの人探し企画などにも協力している実力派です。
それでいて、大手なだけあって、価格も非常に良心的です。
1日の調査料金8万円で車両費などは全て込み込みです。

さらに当サイト限定下記リンクからの無料相談で基本料金が半額になりますので、本当におすすめです。
button_003

良心的な探偵ランキング2位 HAL探偵社

130903hal_120_120_s1

HALの料金のポイントは1時間1名6000円です。短時間で調査員の数が少なくて済む場合はハルがおすすめです。
ただ、浮気調査のような対象の行動が予測できない場合は証拠確保ために2名~3名の探偵が必要ですから、よほど短時間ですまない限りは原一の方が安いでしょう。
おすすめは、原一とHALの両方に相談に行って、見積もりが安かった方に依頼することです。
button_003

上記2つ以外の一般的な探偵事務所の価格例

例として、浮気調査の場合の基本的な料金体系と相場をご説明します。

1.基本料金
調査費用には基本料金というものがありますが、これは分かりやすくいうと人件費のことです。
たいていの探偵事務所は1時間単位で料金を区切っています。
相場としては、調査員1名に対し1時間で1万円前後です。
延長料金として加算されるケースもあります。
その場合、相場よりも少し安くなったりもします。
調査員の人数が増えると、料金も比例して高くなります。
浮気調査のような尾行が必要になる場合は、通常は2名体制ですから、1時間2万円前後見ておくと良いでしょう。

2.車両費
車両費というのは、調査に使われる車両やバイクの費用です。
相場は、1日1万円前後です。

3.機材費
機材費は、調査に必要な機材にかかる費用です。
特殊な撮影機材を使うこともあります。
また、場所や時間帯でも使用する機材が変わる場合もあります。
相場は、1日1万円前後です。

4.報告書作成費
裁判にも使用可能な報告書の作成にも費用がかかります。
こちらは、3万円程度かかります。

5.その他の諸経費
その他基本料金に含まれないものには、以下のような費用があります。
事前にしっかりと説明を受けましょう。
・交通費
・入店費(尾行の際、飲食店に入った場合の飲食費等)
・宿泊費(出張を伴う尾行の場合)
・駐車場代
・車両にかかる燃料費
・高速費
・消耗品費(録画用テープ代など)
・通信費

車両費や報告書作成費が、基本料金に含まれている場合もあります。
調査する期間や内容によっても変動しますが、1調査あたり10万円〜100万円強くらいになってきます。

浮気調査や人探しなどで、探偵にお願いしようと思った場合、どのように探偵事務所を選ぶのがベストでしょうか。
探偵の知り合いでもいれば良いですが、なかなかそうもいかないのが現実です。
一般的に行なわれることとしては、インターネットで検索してみるという方法が多いでしょう。
インターネットでは、有益な情報を簡単に得ることができますが、誰でも何とでも書くことのできるので、どうしても信憑性に欠ける部分があります。
更に、世の中に数多くある探偵事務所には、悪徳な事務所も存在します。
2012年11月に起きた逗子ストーカー殺人事件では、自治体から被害者の個人情報を聞き出すという探偵の手口が明るみになりました。
この探偵事務所は、探偵業法で定められている届け出をしていませんでした。
探偵業においては、業務として特定の人物の居所を調査する際、都道府県公安委員会に届け出ること、依頼者から調査結果を犯罪行為に使用しないという内容を書面で交付しなければならないと定められています。
結局、この探偵は別の事件で情報を不正入手したとして逮捕されています。
そういった犯罪に手を染めているような探偵事務所に引っかからないためにも、見極めのためのポイントをいくつかご紹介します。
費用は基本的に前払いですから、依頼した探偵事務所が逮捕されてしまっては元も子もありません。

探偵事務所を見極める3つのポイント

1.探偵業法をきちんと守っているかどうか
届け出を行なっているかどうかというのは、公安委員会から交付された探偵業届出証明書というもので確認ができます。
これは、営業所の見やすい場所に掲示しておくよう指導されています。

2.事務所の実態を把握すること
電話やメールだけで、便利に連絡を取ることもできますが、それでは事務所自体が存在しているかどうかも分かりません。
あらゆる手段を使って、事務所が存在するかのように見せかけている悪徳業者は多数存在します。
探偵業届証明書を確認することもできますし、事務所所在地を聞いて訪問してみること、これは必須です。
電話で社名や事務所名を名乗らないような探偵は、論外です。

3.明確な料金説明をしてくれること
契約の際に支払う金額がどこまで含まれているのか、きちんと説明してもらえないと、後々のトラブルのもとです。
調査費用と一言で言っても、延長料金や写真、報告書などが別途請求されるケースというのも珍しくありません。
納得のいかない点は徹底的に追及し、書面に残すことも有効です。
探偵を選ぶにおいて、料金の面は最も重要であると言えます。
安くない金額を支払う訳ですから、十分過ぎるほど慎重に見極めるべきポイントです。

これらのポイントを踏まえた上で、きちんと対応してくれるスタッフがいるかどうか、安心して依頼することができるか、検討しましょう。
万が一、不審な点を感じた場合は、全国調査業協同組合や消費者センターへ問い合わせてみてください。
728x90

サブコンテンツ

このページの先頭へ